東国体いざ戦わん

主将 森信人

今年の東国体は去年とは一転して、厳しい戦いが予想されます。
翌日に全日本予選会があることや他試合との日程の都合上、万全の布陣とは言えません。
ただ短フィを中心に実力のあるメンバーや将来有望な選手などが多く出場し、実力のある愛教大や静大と挑みます。
あと2ヶ月弱に迫った七大戦に向けて勢いをつかせるためにも 重要な対校戦だと考えております。

応援よろしくお願い致します。

女子主将 長谷川詩歩

東国体は七大戦前に部のメンバーで出る最後の対校戦になります。人数の関係で全種目出場することはできませんが、出場する選手は戦力分析での自分の現段階を把握し、確実に記録を狙う、確実に得点をとることを重視したいと思います。七大戦に向けて、この試合が部のより強い結束に繋がるように一人一人 チームのために、自分の記録のために頑張っていきます。応援よろしくお願い致します。

短距離パート長 伊ヶ崎一哉

東海インカレ、名阪戦を終えてから取り組んできた練習の成果を発揮できるように頑張ります。

中距離パート長 小川瑞貴

東海インカレ以降のパートとして合わせる大会は七大戦のみです。 なので、この時期にある東国体は七大に出る選手でなく、次世代の対校選手になりうる若手を経験の場として走らせるいい機会だと思われます。 800では1.2年生を中心に若手が出場し、ポイント獲得を狙います。 1500では若手は少ないですが確実にポイントをとれる布陣で挑みます。 1500は東国で一度合わせ、その後七大までもう一サイクル組むのでベストまたはベスト更新を狙って走りたいと思います。 応援よろしくお願いします。

長距離パート長 塚本亮司

全日本大学駅伝予選会が次の日にある関係で、対校戦経験の浅い若手中心のメンバーで臨みます。 それぞれ調子の良い選手を選出しているので、得点の可能性は 十分にあると思います。これからに向けて経験を積む意味でも、 有意義なレースをしてきてほしいと思います。 応援よろしくお願いいたします。

フィールドパート長 幾田勇希

七大前最後の対校戦なので、出場選手は自分の記録を伸ばすのももちろんですが、競っている相手に勝ちきることを大事にして 試合に臨みたいと思います。 七大得点ラインにちょうど届かない選手が数人いるので、記録を伸ばして自信をつけます。

タイトルとURLをコピーしました