名阪戦いざ戦わん2019


名阪戦へ戻る

男子主将 森信人

名阪戦は七大戦へと繋がる部にとって非常に重要な対抗戦です。

現状、戦力では相手校にかなり劣る状況となっています。

ですが一人一人が全力で相手に挑み、最後まで諦めずに勝利を目指します。

東海インカレと連戦になりますが、今できる最高のパフォーマンスをします。

応援よろしくお願い致します。

 

女子主将 長谷川詩歩

今回の対抗戦は、1年生の新戦力が加わって初めての試合になります。1年生はまだ練習し始めたばかりであり、思った通りの結果にはならないこともあるとは思いますが、まずは大学初戦の感覚を掴み、怪我なく試合を楽しんでほしいと思います。

また、2年生以上も信大戦のよい流れに乗り、一人一人が冬季練の成果を発揮します。今回は東海インカレから1週間後の試合になりますが、七大戦を見据え、少しでも大阪大学に食らいつく試合態勢で臨みます。

新しいチームとなった名古屋大学女子陸上部で精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします。

 

短距離パート長 伊ヶ崎一哉

短距離パートはかなり厳しい試合になることが予想されます。しかし、七大戦ではそれを覆さなければ目標の総合3位にはたどり着けません。この試合で、今できることをやりきり、七大戦に繋げられる試合にします。厳しい状況の時こそ、皆さんの応援が力になります。応援よろしくお願いします。

中距離パート長 小川瑞貴

名阪戦は、七大戦の前哨戦として重要な大会です。

戦力的には800で勝ち越しは固く、1500では厳しい状況です。

800でなるべく勝ち越し、点を稼ぎ1500で粘るという戦略になります。

東海インカレでは森、中村共にいい走りをしたのでその勢いで走ってもらいたいです。

1500でも塚本をはじめ東海インカレ出場の二人に粘ってもらい、初出場の斎藤は前にひたすらついてチャンスをうかがってほしいです。

当日、応援よろしくお願いいたします。

 

長距離パート長 塚本亮司

5000mにおいては記録で見ると名大が有利であると思われます。他の種目で厳しい戦いが予想される分、長距離種目で大幅勝ち越しを目指し総合での勝利を近づけたいと思います。

また、近づいてきた予選会に向けて長距離パート全体でいい流れが作れるよう、対校だけでなくオープンも含め各選手しっかりと走ります。

応援よろしくお願いいたします。

 

フィールドパート長 幾田勇希

東海インカレでは強い風の影響で足が攣ってしまう人が多かったり他にも実力を発揮できた人が少なかったので、名阪戦ではしっかりと記録を狙う。

一年生のデビュー戦でもあり、強い選手もいるので、怪我には気をつけつつ思い切りやってほしい。