名古屋大学陸上競技部 » 新中距離パート長挨拶

新中距離パート長挨拶


中距離パート長を務めさせていただくことになりました、木村健太郎です。

中距離パートは、昨年の中心選手が抜けてしまい、今年のインカレ、対校戦を考えると現段階では厳しい状況にあります。そのため、まずは全体的にレベルアップすることが必須です。中距離パートでも、部の目標の「底上げ」と同様に、「全員がベストを出して一つ上のレベルに」という目標を掲げています。中距離種目の特性上、ただタイムが速いだけで勝負に勝てるとは限らないので、6月ごろまでに底上げをして、その後は七大戦でも戦えるようにラスト勝負も意識した練習にも取り組めるようにしたいと考えています。

底上げを実現するための具体的な取り組みとして、まず、各個人が明確な目標を設定し、そのために自分は何をすべきかということを考え、実行していくことが重要だと考えます。中距離の練習はある程度の強度でひたすら量をこなすというものが多いので、メニュー中は走ることに集中します。ですが、そのメニューも何を目的としてやっていて、大きな流れとしてはどの段階にいるのかということを把握することは大切で、意識できるようにメニュー表を作ったり、練習前に確認しています。また最近は、強くなるために必要なことを中距離パート全体として実行していくためには、どうすればよいかということをパート員全員で考え、実行しはじめています。目標を掲げたり、そのためにやるべきことを言うだけなら簡単ですが、実践し、さらには習慣化することがとても難しいです。それをパート全体の取り組みとして行い、継続的なものにできるよう、これから試行錯誤してその方法を確立させていきたいと思います。

中距離パートは全体的にモチベーションが高く、練習でも強くなるために積極的に自分を追い込もうとする人が多くいます。その勢いを結果に結びつけられるよう、パート長として取り組んでいきたいと思います。OB・OGの皆様のご支援、ご期待にお応えできるよう頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたします。
中距離パート長 木村健太郎