Middle Distance

〜トラックの格闘技〜

Part Information

練習日時

練習日:火・水・木・土曜日
平日:17:00〜19:00
土曜: 9:00〜12:00

活発な交流

中距離パートでは、学年の上下関係になく意見を交わすミーティングを頻繁に行っています。そこでの内容がメニュー等に反映されており、非常に風通しの良いパートです。

工夫されたメニュー

練習においては、メニューをただこなすのではなく、実際に練習を行って感じたことを大切にします。その感覚から、どうすれば自分にあった練習になるのかを考え、セット数や設定タイムをそれぞれが調整しています。
これらは、怪我をしないための役割も果たします。

体験に行こう

中距離パートは800mと1500mに分かれます。
さらに詳しいことを知りたい人は、是非一度山の上グラウンドにお越しください。

中距離コーチのご紹介

中距離では、走りのフォームや練習メニューなどについて、廣出和樹コーチよりアドバイスをもらっています。以下に、廣出コーチのプロフィールを紹介します。

プロフィール

  • 廣出和樹(ひろでかずき)
  • 豊橋TTランナーズ出身
  • 早稲田大学教育学部英語英文学科卒業
  • 早稲田大学中距離ブロック長

主な実績

  • 2016年 関東インカレ一部800m 7位
  • 2016年 愛知県選手権800m 優勝
  • 2015年 愛知県選手権800m 優勝

現役部員の声

毛利健太郎

理学部2年

名大中距離パート最大の特徴は、自己分析を徹底していることです。選手それぞれが自分の練習ノートを作って日々の練習での達成度や疲労度、練習の強度を記録し、週末の練習後にパート長中心で共有して今後のメニューや意識改善に役立てています。
また、頻繁に練習の様子を動画撮影して見返すことでフォームや距離に対するペース配分など客観的視点で練習を振り返ることもしています。

このように自己分析の徹底によって中距離初心者はもちろん、中距離を専門にしてきた選手も共に強くなれる練習パートになっています。

天池駿介

理学部3年

中距離パートは、先輩後輩の仲がよく活気のあるパートです。一方、練習中はバチバチ切磋琢磨できる理想的なパートでもあります。また面倒見がいい先輩方が多く中距離をやる上で必要なトレーニング知識や、どんな練習でどんな練習効果が得られるかなど教えてくださり、効率よく練習することができます。
また練習以外の時には、先輩方にご飯を奢ってもらったり、遊んだりとすごい楽しいこともあります。

名大陸上部はマネージャー、トレーナー、コーチ、一緒に切磋琢磨できるチームメイトなどの素晴らしい環境です。この環境をフル活用して確実に強くなることができます。自分自身800mは自己ベスト2分5秒でしたが夏には目標であった1分台を達成できました。新入生のみんなと練習できるのを楽しみにしてます!

兵藤賢​

経済学部3年

中距離は練習内容で1番幅を持たせる事ができるパートです。
各自がそれぞれの意識のもとメニューをこなす事ができるので、自分で追い込める人にもオススメします!

近藤由梨

農学部4年

男女学年の壁を超えて、きつい練習の時に声を掛け合ったり、一緒にフォームを見直したりできる雰囲気が、今の中距離パートの1番の魅力だと思います。様々なレベルの部員がいる中で、先輩やコーチに練習の目的や設定ペースのアドバイスをもらいながら、自分なりに考えて練習に取り組むことができます。