七大戦が終わりました。


7/28(土)〜7/29(日)にかけて北海道の厚別公園陸上競技場で第69回全国七大学対校陸上選手権大会第29回全国七大学対校女子陸上競技大会が開催されました。
北海道まではるばる応援に駆け付けてくださった方々、北海道までは来れなくとも我々の活躍を願ってくださった方々、いつも我々の活動を支えていただきありがとうございます。
今年は「底上げ」をテーマに男子は総合4位、女子は全員PB・UBを目標として今大会に臨みました。結果は男子総合5位、女子総合7位(女子でPB・UBは2人)で目標達成とはいきませんでした。しかし、今年の名大生の優勝者に注目すると、今年は3人で去年の4人と比べても遜色のない結果であったと言えます。また、戦力分析では得点圏外の選手が得点を取り全体の士気を上げるような活躍をした場面もあり、「底上げ」の成果が見られたと思います。
この七大戦以降は世代交代となりますが、シーズンはまだまだ続くので、新体制で新たな上級幹部を中心に部員一同更なるレベルアップを目指して練習に励んで行く所存です。これからの山の上陸上競技部の成長・活躍にご期待ください。